スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【訃報】 フィリピンのロラ・バージ―さん(ロラ・ビルヒニア・ビリャヌエバさん)



当ブログに「フィリピン便り」を投稿してくださっている澤田公伸さんから、ロラ・バージ―さん(ロラ・ビルヒニア・ビリャヌエバさん)の訃報と、お通夜の様子が届きましたのでお知らせいたします。






リラ・ピリピナを支援してくださっている皆様



マニラ在住の澤田です。
いつもリラに支援いただきありがとうございます。



  昨日、1月17日にリラ・ピリピナの共同代表だったロラ・バージ―さん(ロラ・ビルヒニア・ビリャヌエバさん)のお通夜にリラのメンバーと一緒に参加してきました。その時の様子を写真とともに簡単に報告させていただきます。 ロラ・バージ―さんは今月10日に肺炎で亡くなられました。享栄85歳でした。12月26日から入院されていたのですが、病院での治療の甲斐なく旅立たれました。



今回のお通夜に参加したのはナルシサ・クラベリアさん、フェリシダッド・デロスレイエ スさん、ヒラリア・ブスタマンテさんの3人のロラと、ロラの娘や孫娘からなる組織「パマナ」のメンバー5人、そしてリッチーさんと長男一家3人、補助スタッフのミリンダさんたちです。あと、近所に住むオルテンシア・マルティネスさんは前もってお悔みに来ていたそうです。ロラ・バージ―の家族がスマートフォンで撮影した映像では、ロラ・オルテンシアさんは歩行補助器を使うなど少し不自由ながら、それでも自分の足で歩いてきて、ロラに最後の別れを告げられていました。


ただ、やはり同じナボタスのダガットダガタン地区に住むロラ・エステリータ・ディさんはまだお通夜に来られていませんでした。体調が悪いということで、リッチーさんたちも大変、心配されていました。 ロラの棺には若いころの写真やたくさんの子や孫たちの名前、リラ・ピリピナの新しい横断幕が貼り付けられていました。
ロラ・バージーの遺言で、リラ・ピリピナの横断幕を棺に一緒に入れて埋葬するそうです。リラ・ピリピナや日本のJCFCWから届けられた花輪なども一緒に飾られていました。

お悔みでは参加者たちがひとりひとりロラ・バージ―さんへのメッセージや思い出話しを発表しました。 リッチーさんは「ロラ・バージーは闘い続けた女性だった。都市貧困住民グループによる土地獲得闘争のリーダーとして、貧しい日々を生き抜く母親として、そしてリラの正義を求める闘士として。リラで唯一、運動体の方針について理解しているロラだった」と 偲びました。
ロラ・ナルシサさんたちも同志を失った悲しみを訴えていました。

ロラ・バージ―の息子2人と娘さん2人も同席して、いっしょに思い出を共有しました。
外国貨物船の船員をしている長男のジョエルさん(50)は「母親は本当にいつも闘っていた。私が大学を卒業できるよう、縫製の仕事に加えて、町の道路清掃員の仕事まで引き受けて支援してくれた。リラの活動にもっと参加できるよう子供としてもっと支援してあげたかった」と涙ながらに話しておられました。

ご家族によると、ロラ・バージ―さんは戦争の影響で小学校1年生しか出ていないそうですが、フィリピン語の詩を自分で作ったり、詩を朗読することがとても好きだったそうです。リラ・ピリピナが作って、ロラ・バージ―が集会などでよく朗読していた詩のひとつをお孫さんがお通夜で朗読してくれました。自分たちの国や資源が少数の特権階級によって支配され、搾取されているのを嘆き、農民や漁民、都市貧困層たちが団結して闘うことの大切さを訴える内容でした。

私たちがお悔みの集会をしている間、近所の人たちが回りの机でトランプの賭け事をしてにぎやかにしていました。 これはフィリピンの習慣で、長いお通夜の期間、近所の人や知人が集まり賑やかにして故人を送ると同時に、場所代などを遺族に寄付し財政支援するという意味もあります。マニラの下町で子供や孫たちを育て上げたロラにふさわしい最後のお見送りなのかもしれません。
また、たまたまロラのお通夜が行われている間にローマ法王フ ランシスがフィリピンを訪問されました。
ロラの埋葬式にあたる今日18日には、午後3時すぎからマニラ市リサール公園で法王主宰の最後のミサが行われる予定で、全国から約600万人の信者が集まるとみられています。今朝テレビで実況中継していたサントトマス大学での若者向けのミサで法王は、台風被災地のレイテ島で最近亡くなったボランティアの若い女性について話され全員で黙とうと祈りを捧げていました。「人は必ず土に帰る。苦しんでいる人に寄り添う精神を発揮してほしい」と若者たちに訴えかけていました。

ロラ・バージーさんの魂はローマ法王の祝福も受けたに違いないでしょう。
ロラの意思を継いで闘うリラ・ピリピナの支援を、今後も続けたいと思いま す。



澤田公伸




 「慰安婦」問題にとりくむ福岡ネットワーク
スポンサーサイト

ようこそ!

プロフィール

「慰安婦」問題にとりくむ福岡ネットワーク

Author:「慰安婦」問題にとりくむ福岡ネットワーク
私たちは「慰安婦」被害者に20年あまり前に出会い、その被害の深刻さに衝撃を受けました。私たちは被害者が生存中に「解決」したいと、さまざまな道を探りながら活動し続けてきました。今も大きな課題として残る「慰安婦」問題を多くの人に分かりやすく伝え、今後このような性暴力を起さないために私たちはブログを立ち上げました。

カテゴリ

最新記事

河野談話全文

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話  いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。  今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。  なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。  いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。  われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。  なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。(1993年8月4日、外務省ウェブサイトより

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。